新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

初めての内定式は、ちょっとスパイスの香りがした。

初めまして、スパイスボックスの広報担当・松原です。スパイスボックスへは、新卒で入社して4年目になります。

スパイスボックスでは、2020年10月1日(木)に内定式を実施しました。2020年度の新卒内定者は5名です。

実は、スパイスボックスではそれまで内定式として独立したものを実施したことはなく、毎年下半期のキックオフパーティで「内定者紹介」のコーナーを設けて自己紹介&挨拶タイムとしていました。わたしが入社した時も、自己紹介後のキックオフパーティで、のちに上司になる先輩方に声をかけてもらって、いろいろなお話をしたことを覚えています。楽しかった。

ただ、2020年は新型コロナウイルスの影響でリアルなイベントは自粛の方向。ご多分にもれずスパイスボックスのキックオフパーティも。

そんな中で、入社1年目・2年目を中心に企画した、スパイスボックス初の内定式(オンライン)を実施しようという企画が立ち上がりました。今回はその模様を少しだけ紹介します。

スパイスボックス初の内定式、スタート

人事担当の吉池さんが明るい雰囲気で司会の挨拶。画面越しに見える内定者の顔はちょっと緊張気味です。続けて取締役社長の田村さんからの挨拶も。「就活から入社まで、リモート前提で大変なこともあると思うけど、負けずに頑張って!」という前向きな言葉がかけられました。

カンパニー長の森竹さんからは、「期末(※)で忙しかったこともあり、内定者だけでなく他の出席者の顔見るのも久しぶり(笑)。今回は初めての試みなので僕も楽しみです!」という言葉をいただきました。

(※1)スパイスボックスは4月〜9月を上半期、10月〜3月を下半期としています。


あらためて、内定おめでとうございます!

入社2年目のプロデューサー・渡部さんに進行がバトンタッチ。同じく2年目のクリエイティブメンバーの松本さんが考えた、内定者へのメッセージが表示されました。

スライド03

「不安な気持ちが少しでもなくなったらいいな」の温かい思いが込められた企画がスタート!

まずは入社1〜2年目社員による自己紹介。与えられた時間はわずか30秒。かなりシビアなタイムキーパー(渡部さん)がどんどんさばいていきます。スライド1枚に詰め込まれた自分の推しポイントや、最近ハマっていることをシンプルに話していく社員たち。

スライド18

こんな感じでペライチで一人ずつ紹介していきます。

和やかな(ゆるい)雰囲気で進んでいったので、緊張していた内定者たちも徐々に柔らかい表情になっていたような。その後は内定者も一言ずつ自己紹介。

会ったことない社員の趣味志向を、予想してみる?!

場が温まってきたところで、クイズゲームのコーナー。内定者と1〜2年目社員混合のグループ戦で、スパイスボックスの社員を分析するちょっと変わったゲームです。

スパイスボックスが提唱する、ソーシャルトライブ(※2)に、スパイスボックスの社員を当てはめてみようというもの。

(※2)SNSアカウント上で見られる情報から生活者の価値観(興味・関心・嗜好等)を類推し、プロファイリング。SNS上の“つながり”に着目し、共通した価値観を持つアカウント群を集めたグルーピングしたものをソーシャルトライブといいます。

下のようなスライドが用意されていて、左から社員の名前と画像、想定されるSNS投稿画像、ハッシュタグ名が記載されており、このソーシャルトライブにぴったりの名前をつける、というもの。

スライド50

模範解答(?)にいちばん近いチームは現れるのか? とわたしもワクワクしながら見ていましたが、チームそれぞれ個性的な回答が上がってきて、みんなツッコミあいながら楽しんでいました。(例えば「縄跳びダンス踊れます! 流行好きミーハートライブ」のような)

プレゼントは……スパイスボックス!

そして終盤には、内定者に記念のプレゼントが渡されました。直接の手渡しは叶わなかったので、事前に自宅に配達しておいたものを内定式中に開封してもらう、というスタイル。

中身は……スパイスボックス! 

(参考)スパイス(他調味料)を持ち運ぶための箱です。

内定者にプレゼントされたものは特別にスパイスボックス(弊社)のロゴ入り。正真正銘「スパイスボックスのスパイスボックス」です。入社1年目の社員たちが、手作りで完成させたとのこと。

iOS の画像 (1)

BOXの中には、事前に教えてもらっていた内定者の好きなものに合わせた個別のプレゼントとステッカー、そしてセレクトされたスパイスが入れられていました。「もらって嬉しいものってなんだろう……」と悩みに悩み抜いてセレクトしたそうなので、みんな喜んでくれてよかったです!

サムネイル

最後に感想を一言ずつもらって内定式は終了。記念写真も撮影しました。

スパイスボックスの内定式について

冒頭に挙げたように、オンラインで就活し、入社後も当面はオンラインで働くことが確定している内定者たち。既に働いているわたしたちですら、リモート環境に慣れずに試行錯誤を重ねている中で、不安なことはたくさんあるはず。早くこの状況がよくなることを祈るばかりですが、初めての内定式での発見もあったように感じます。

いままでのスパイスボックスは「現場で仕事をしながら、走りながら交流も深めていこう」という形で、新入社員と関係を築いていましたが、今回の内定式は年齢の近い入社1〜2年目の社員と交流を深めることがメイン。社員と密に語る場ができたことによって、入社後の自分のイメージが少しだけ想像できたのでは(できているといいな)と4年目社員は感じています。

内定者のみなさんへ

いろいろな志向を持ったみなさんが入社してくることを、心待ちにしています。

この記事が参加している募集

イベントレポ

オープン社内報

わーい!!
7
こんにちは。スパイスボックスです。真面目で個性的な人が働いてます。 私達が、どんなことを考えて、なにがスキで、どんなプライベートを送っているか、自由な発想でお届けします。たまに役立つ情報も書きます。https://www.spicebox.co.jp/

こちらでもピックアップされています

スパイスボックスで働く人の考えていること
スパイスボックスで働く人の考えていること
  • 7本

個性的な人たちが真面目に働く会社で、日々起こっていることや、考えていることを覗きに来る、くらいの感覚で立ち止まって、読んでください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。