スパイスボックス(spicebox)

こんにちは。スパイスボックスです。真面目で個性的な人が働いてます。 私達が、どんなことを考えて、なにがスキで、どんなプライベートを送っているか、自由な発想でお届けします。たまに役立つ情報も書きます。https://www.spicebox.co.jp/

Loview

SNS上のブランドファンと最適なターゲット市場を可視化するツール「Loview」にまつわる開発秘話や、開発者の思いなどを発信します。

すべて見る

商品の開発者は顧客自身? ユーザーリサーチから生まれた商品開発事例

ある難しい問題を集団が解決するとき、解決能力の高い集団か多様性に富んだ集団、どちらがより優れているでしょうか? ミシガン大学の教授、スコット・ペイジはこの問いに一つの答えを出しています。彼はある母集団から作られた二つの集団、問題解決能力の高い集団と多様性を持つ(無作為に選ばれた)集団に同じ問題に取り組んでもらうという実験を行いました。そして特定の条件下においては、多様性を持つ集団の方がより良い結果を出すことを明らかにしたのです。 ペイジの実験の結果は多様性が生む発想力や問

スキ
8

ファンとの関係性を強くする - 次代のUGC活用のあり方とは

UGC(口コミ)の重要性が注目され、その利活用が増えている昨今。今回は私たち「Loview」チームの生活者調査結果から明らかになった「新しいUGCの活用のあり方」についてお話ししたいと思います。 なぜUGCが重要なのか改めて、なぜUGC(ブランドに関するクチコミ投稿)が重要なのか。それはUGCが売上に寄与するからです。このことは、さまざまな調査から分かっています。 マーケティング会社であるYOTPOが1,000人の生活者を対象に行なった調査によると、77%の生活者が、「プ

スキ
4

Z世代実態調査「好きなブランドからのアンケート依頼を“月1回”協力する」が6割!

昨今のコロナ禍で活性化した巣ごもり消費の影響で、生活者の意識変化から、購買行動やライフスタイルにも大きな変化がもたらされ、企業も積極的な変化が求められるようになりました。その変化に伴い、従来のようなマーケティング活動を行うだけでは購買行動やライフスタイルが変化した顧客のインサイトを捉え、新規顧客を獲得することや既存顧客との関係性を維持することが難しくなっています。 こうした状況が続く中では、ブランドと生活者とのコミュニケーションを密に行うことが大切です。生活者の声を丁寧に聞

スキ
6

”顧客の意外な活用”を商品開発に―企業によるユーザーイノベーション戦略とは

発明王エジソンのことをご存じでしょうか。白熱電球や映画などに代表される、膨大な数の発明を生涯にわたって生み出したことで有名な彼ですが、実生活ではほとんど睡眠をとらず、ほぼ24時間体制で仕事を続けていたそうです。 さて、今日ほど企業に「発明」が求められている日はありません。新しい製品から革新的なサービスまで、開発に日々多くの予算とリソースが投じられています。しかし実は彼らの身近には24時間体制で絶えず発明を行っている、それこそエジソンのような発明家がいるのです。その発明家の名

スキ
6

スパイスボックスで働く人の考えていること

個性的な人たちが真面目に働く会社で、日々起こっていることや、考えていることを覗きに来る、くらいの感覚で立ち止まって、読んでください。

すべて見る
  • 28本

M-1グランプリ、決勝出場者のSNS話題量を調べてみる(後編)ーランジャタイはSNSの王者か。

※この記事は後編です。前編はこちら。 終わりましたね、M-1グランプリ。わたしはわけあってリアルタイムで見れず、3時間遅れで公式動画を見ました。夕方以降はSNSやネットニュースなどを見ないようにして、ネタバレを防いできましたが、公式動画って結果発表の様子は見れないんですね……。結果発表のドキドキ感は味わえなかったので、来年は絶対にリアルタイムで見るぞ……と心に決めました。 敗者復活戦は生放送で見て、投票までしましたが、最後の一枠はハライチ。(ちなみにわたしは男性ブランコ、

スキ
19

M-1グランプリ、決勝出場者のSNS話題量を調べてみる(前編)

こんにちは、デジタルコミュニケーションカンパニー・スパイスボックスの広報・まつばらたかこです。 今回はスパイスボックスが提供する、独自のSNS分析ツール「THINK」で、12月19日に行われる「M-1グランプリ2021」のファイナリスト9組(※1)について、エンゲージメント数(※2)を調査をしてみたいと思います。 前編では、ファイナリスト9組の過去1年間でのSNSでのエンゲージメント量を比較します。後編では、決勝戦当日と次の日の話題量を比較する予定です。SNSでの話題数と

スキ
20

会社にある「コア」とは何なのか? 全社員で考えてみた

こんにちは。スパイスボックス・コアづくり委員会です。 今回は、スパイスボックス内で行われている「コアづくり」プロジェクトについて紹介したいと思います。 「接点」を増やして、多様な「繋がり」を持つ という目的を掲げ、スパイスボックスでは組織開発の一環として2019年4月から会社の「コア」が何か探し続けています。 何がすごいって、まだコアを特定できていないんです。 様々な個性や得意領域を持った人が集まった会社なのだから明確な「コア」は存在しないのでは? バラバラってことがも

スキ
10

きっかけは1本の電話から。食品会社をPRするために奮闘したプロデューサー1年目の記録。

こんにちは、スパイスボックス広報の阿久津です。 今回は、入社2ヶ月で、テレアポから希望していた動画制作の夢へとたどり着いた入社3年目のプロデューサー・渡部友理にインタビューを実施しました。 当時を振り返ってもらいつつ、「株式会社日清製粉グループ本社」さまとのお取り組みに奮闘した渡部さんについてご紹介したいと思います。 すべては1本のテレアポからーー施策実施に至ったキッカケはテレアポからだったと聞きました。具体的にはどのような経緯で取り組みが始まったのですか? 渡部:私

スキ
21

スパイスボックスのRECRUIT

スパイスボックスで働く社員の紹介や、社内制度、部署などを紹介していきたいと思います。

すべて見る

入社4年目社員のぶっちゃけトーク!「わたしが働き続けている理由」

こんにちは、スパイスボックス広報の松原です。 今回は入社4年目の社員対談をお届けします。入社3年目を境に、転職など新しいステップを歩みだす人が増えるとも言われる中で、スパイスボックスで働き続ける3人の社員の思いをインタビューしてきました。 ついつい見ちゃう、転職情報。ーー今回は2018年入社のみんなに集まってもらいました。あくにゃんは広報で一緒に仕事をしているけれど、他のみんなは最近はどんな仕事をしているんですか? 阿久津愼太郎(以下あくにゃん):僕は、いま松原さんが言

スキ
23

普通の人が、普通に頑張れば、幸せになれる会社を築きたい。

こんにちは。採用広報の山本です。 今回は入社12年目の田宮さんにインタビューしました。田宮さんはスパイスボックスが新卒採用を開始した2008年に採用された、スパイスボックスにとっては初めての新卒入社社員です。(社内でも知らなかった人が多いかもしれません。) 現在はサービス開発職/ストラテジックプランナーとして勤めておりますが、就活時の話やこれまでの経歴、働くことへの思いなどをご紹介できればと思います。 就職活動についてーー早速ですが、どのような就職活動をされていましたか

スキ
17

【入社1年目の記録】100人のインフルエンサーと向き合って得た、ルーキー賞の意味。

こんにちは。スパイスボックス・採用広報担当の阿久津です。 スパイスボックスでは、半期に一度、新しい期の方針発表や、社員表彰を中心としたキックオフイベントを開催していますが、2020年度下期の授賞式では、入社1年目で最も活躍した社員1名に贈られる賞「ルーキー オブ ザ イヤー」が発表されました。 1年に一度ということもあり、入社してすぐからこの賞を狙う1年目の社員が出てくるほど大きな賞となっているため、今年度も笑いあり、涙ありの発表となりました! 今回は、「ルーキー オブ

スキ
14

きっかけは1本の電話から。食品会社をPRするために奮闘したプロデューサー1年目の記録。

こんにちは、スパイスボックス広報の阿久津です。 今回は、入社2ヶ月で、テレアポから希望していた動画制作の夢へとたどり着いた入社3年目のプロデューサー・渡部友理にインタビューを実施しました。 当時を振り返ってもらいつつ、「株式会社日清製粉グループ本社」さまとのお取り組みに奮闘した渡部さんについてご紹介したいと思います。 すべては1本のテレアポからーー施策実施に至ったキッカケはテレアポからだったと聞きました。具体的にはどのような経緯で取り組みが始まったのですか? 渡部:私

スキ
21

Jardin / 概念的翻訳者集団

spiceboxというデジタルコミュニケーションカンパニーを少しはみ出て、新しい庭(仏:Jardin)を作った。 その庭には考えごとをする縁側があり、誰かと話す憩いの椅子もある。 「君なら、どうする?」と聞いてくれるブランドの方のために、仲間を集めてものづくりでお応えするという行為をしていることが多い。 そういえば、こないだこんなことを考えて…と、世間話程度にコミュニケーションの話をしていけたらと思います。 そうは聞こえないと思いますが、営業トークですので、悪しからず。 http://bit.ly/3xvQk5h

すべて見る

はじめましての、上士幌のひとたちへ。無印良品らしい無印良品で、はじめまして。

【前編はこちら】 無印良品のインテリア・アドバイザーに、会いに。無印良品のインテリア・アドバイザーの北崎さんは、思ったよりも若い人だった。マスク越しでも「無印良品らしい人だなぁ」と思った。どんな人が無印良品らしいのか、と言われたら、言語化は難しいのだが…。優しそうな人だ。 わたしたちの、上士幌の「家」は、東西に棟が分かれている。 東棟はリビング&ダイニングを、町のひとたちにも使ってもらえる、シェアオフィスの機能も兼ねており、西棟は宿泊者だけの空間。宿泊した人たち専用のリ

スキ
48

「印の無い良い品」を売るように、 暮らしを販売することが出来ないか。

北海道の小さな町で、わたしたちが提供するもの。北海道上士幌町(かみしほろ ちょう)。「無印良品の家」が設計するわたしたちの施設が、来春に完成する。 そこでわたしたちが提供するものを、ずっと考えている。この施設に泊まる人へ、提供できるものは何か。例えば、それは「暮らし」なのではないか、と思った。数日の旅行でもない、数年の移住とも言えない。やはり提供するものは、「暮らし」なのではないか、と。 そんなことを考えていると、浮かんで来たのはこの施設の理想的な情景だ。町の様々なひとが

スキ
116

コミュケーションとコミュニティのしあわせな関係について、サウナで“ととのった”話。

人刊〇〇スパイスボックスというデジタル・コミュニケーション・カンパニーがある。デジタルを主な舞台に、エンゲージメントを育むコミュニケーションを作っていく会社だ。「うちのブランドで、コミュニケーションをしたいけど、どんなものをどんな人に向けてやったらいいかな?」そう思ったら、連絡していただきたい会社。 時代や社会・環境が日々変化する中で、常に先端のコミュニケーションを捉え、提供し続ける会社だから、いち早くインフルエンサーマーケティングの世界でも、ネットワークを広げ、様々なイン

スキ
26

選択的夫婦別姓をテーマに、 SDGs広告を作ったワタシたちの冒険譚。

あの判決から1ヶ月が経って…最高裁判所大法廷の家事審判の決定で、夫婦同姓を定めた民法などの規定は憲法第24条の「婚姻の自由」に違反しないと判断してから、1ヶ月以上が経とうとしている。 そんな8月1日に、ある広告が広告・クリエイティブの専門誌「ブレーン」に掲載される。私たちJardinがクリエティブを手掛けた、日本発のモード誌、集英社「SPUR」の広告だ。 月刊ブレーン2021年9月号 No.734(画像はブレーンWEBサイトより) 今回は、SDGsに関する施作や、ブランド

スキ
59

SNSデータ起点で考えるこれからの採用市場

すべて見る
  • 4本

【ウェビナーレポート】優秀人材を採用したい企業が取り組むべき、SNS/Webメディアを活用した広報施策とは?

こんにちは、スパイスボックス採用コミュニケーション事業部の広報担当です。本日は2021年9月16日(木)に実施したウェビナーをレポートでご紹介します。 以前実施したウェビナーのレポートはこちら (この記事は15分で読めます。) 登壇者 株式会社スパイスボックス 採用コミュニケーション事業部 事業部長 秋山 真 2年間のデジタルマーケティングプロデューサーの経験を経て、2018年に採用コミュニケーション事業を立ち上げ。 SNS起点の採用ソリューションを開発し、企業のオン

スキ
20

【ウェビナーレポート】今、採用広報に必要な『エンプロイヤーブランディング』とは

こんにちは、スパイスボックス採用コミュニケーション事業部の広報担当です。本日は2021年9月9日(木)に実施したウェビナーをレポートでご紹介します。 (この記事は15分で読めます。) 登壇者 株式会社スパイスボックス 採用コミュニケーション事業部 コミュニケーションプランナー 小谷 哲也 幅広い業界業種のクライアントで、デジタルマーケティングの戦略設計・プランニング~エグゼキューションまで従事。近年はSNSを起点にエンゲージメントコミュニケーションの設計を多数実施。

スキ
37

企業選びに新しい指標が求められている。SNSデータから見る「学生の注目企業200社」

こんにちは、スパイスボックスの採用コミュニケーション事業部・事業部長の秋山です。前回のnoteでは、私が採用コミュニケーション事業部を立ち上げたきっかけや、2020年の採用市場の変化について広くお話ししました。 今回は8月に公開したリリース、SNSデータから見る「学生の注目企業200社」について、いろいろ裏話も含めて書いていきたいと思います! 人気企業ランキング、なんのために見るのか。私自身は読み物として、人気企業ランキングを見ていました。就職活動時も、企業選びのために、

スキ
10

2020年 新型コロナウイルスがもたらした、採用市場の変化

こんにちは、スパイスボックスの採用コミュニケーション事業部・事業部長の秋山です。 採用の多様化が叫ばれて久しいこの頃。特に今年は、新型コロナウイルスの流行が、企業にとっても求職者にとっても、大きな変化をもたらしたことは、周知の通り。これまでの常識と思われていたことが、覆される様を目にした方も多いのではないでしょうか。 このマガジンでは、SNSデータ起点にさまざまな角度から、変化の激しい採用市場について考えていきます。第一回の本記事では、新型コロナが採用市場にもたらしたこと

スキ
10